「ほっ」と。キャンペーン

はんどめいどスキ!お出かけ好き!楽しいことスキ!


by chiki67
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

放置・・・(^_^;)

お久しぶり・・・完全放置???
忘れていた訳ではありませんが・・・

今年度に入り、学校役員・子ども部役員・習い事役員・町内会長補助・・・
など、余裕のない私でした。
しかも合間合間に仕事探し。

PCは仕事以外、
ほとんど趣味的な事で開く事はありませんでした。

ここ数か月、大好きなミシンも個人委託を数着のみ。

で、実は職が決まり働きに出ています。
委託先でお世話になっているママ―チェさんにあいさつに行かねば・・・
と思いながらも、こちらで先に告知しちゃいました(^_^;)

勤務時間は短いので、もう少しこの生活に慣れてから
ミシンもやっていこうと思っています。

また自分に余裕が出来出してから、
ブログも再開します!

取り急ぎ、出勤前の報告でした!
[PR]
# by chiki67 | 2010-09-01 09:11 | 暮らし

Bag

今月は、今まで以上にバタバタしており
UPしたい事もたくさんあったけど、
BLOGに携わる時間がありませんでした(T_T)

取り急ぎ、今日『ママ―チェ』納品するbagちゃんたち☆
今日からお店では「春のバッグ展」が開催されます♪

b0160545_932040.jpg
←【たっぷりbag 】
きんちゃく風に上部をひもで調節できます
ちょっと大きめでたっぷり入れられる♪
持ち手部分など、革を部分的に使用。

 ↓【バルーンbag】
  前回と同型。小ぶりちゃんです❤
b0160545_935988.jpg
[PR]
# by chiki67 | 2010-04-27 09:16 | つくりもの*布モノ

大好きな人

b0160545_1232246.jpg

平成22年3月22日、私の大好きな母方の祖母が亡くなりました。

祖母は恰幅がよく、とても話し好き・世話好きでした。
また、とても心配性でもありました。
一緒には暮らしていませんでしたが、
人付き合いもよく、みんなから親しまれていたように思います。

遠方ながら、小さい頃からよく遊びに行き、
私が結婚して同じ広島へ来た時は
どんなに心強かったことか。

ほんの10年ちょっと前まではとても元気で
私の結婚式・子どもの出産・お宮参り・・・など
よく来てくれたものです。

また、幼少~学生の頃は頻繁に手紙のやり取りをし、
結婚してからは電話のやりとりをし・・・。
何でも知っている祖母には
料理法や礼儀作法など
生活の知恵もたくさん教えてもらいました。

私にとって、父方の祖母よりも
母方の祖母の方が特別な存在で
ただの「おばあちゃん」という存在ではありませんでした。

というのも、幼いころから私の家庭環境は困難なもので
その度に祖母にも心配かけてました。
いや、掛け続けていました。

結婚してからは特に祖母の存在が大きくなったのも事実です。

それが、数年前から体にガタがきました。
大好きだった畑仕事もままならず、
ついに施設へ入所。
同じ地に生まれ、同じ地に育ち、同じ地に嫁ぎ
同じ地で子を育て・・・
祖父を亡くしてから家を守り、
そして孫(私のいとこ)を育てててきた祖母。

その地を・その家を愛して止まなかった祖母は
入所に対してはさぞかし辛かったことと思います。

私も時間が許す限り、年に数回施設を訪ねて行ってました。

初めの頃は、それでもいつもの「ばあちゃん」節が聞かれましたが
だんだんと弱っていくのも目に見えました。
以前の祖母ではないかのように
卑屈っぽくもなり・・・。
それでも本来の性格も出て
私の子ども達に対して、お節介ばあちゃんも復活してました。

しかし、ここ1年強ぐらい前でしょうか・・・
私のこともわからなくなり、だんだんと色んな記憶が薄れていき・・・。

入所しながら、病院への入退院を繰り返すようになりました。

あんなに恰幅のよかった祖母はみるみるやせ細っていき
まるで別人のようになりました。

そして自分で起き上がる事も食べることも、返事をすることも出来ず、
人の手を借りるしか生きていくことが出来なくなり・・・

3月22日、とうとう天に召されて行きました。
以前の祖母の写真を眺めながら
まだまだ実感できず、今にも口癖だった
「ほぉ~ね(そうね)、ほぉ~ね」
「〇〇しんさいよ」
「子どもの階段の上り下りは気をつけて
 あんたも気をつけんさい」
「旦那さんを大切に・・・」
「いいあんばいにね」
という声が聞こえてきそうです。

肉体的にはこの世に存在しないけど
これからは今まで以上に傍に居てくれる気がします。

とりたてて感謝の気持ちを言ってなかったけれど
きっと届くはず。

『おばあちゃん、小さいころから色々心配かけてごめんね。
 私は、おばあちゃん・お母さんのおかげで
 今を生きていられてるよ。
 おばあちゃんには単なる「感謝」という言葉だけでは足りないくらい、
 とても大きな思いがあるよ。
 今までありがとう!!!そして、これからもずっと見守っていてね。
 おばあちゃんが安心して笑っていられるよう、私も笑顔でいるから。

 ずっとずっと頑張ってきたおばあちゃん。
 やっとゆっくり休めるね。
 ずっと会いたがっていたおじいちゃんとやっと会えて良かったね。
 これからは今まで苦労してきた分、
 おじいちゃんとゆっくり過ごしてね!
  
 おばあちゃん、大好きだよ!!!』
[PR]
# by chiki67 | 2010-03-26 12:31 | 暮らし

卒園式❀

昨日はチビ姫の卒園式❀

思いっきり泣いてきました~(^^ゞ

前日まで驚くほど実感がなく、余裕でいたけれど・・・。

去年の坊ちゃんの卒園式では
本人がホールに入場してきた途端に
込み上げるモノがあったけど
今年は意外にそれがなく、「チビ姫、緊張で肩が上がってる(笑)」
と私も笑顔でしたが・・・。

うちの園の式は、名前を呼ばれたら親子ともにセンターに立ちます。
子どもが証書をもらった後、親の前に立ち、一言述べます。
その後に親も子どもに声を掛けるのです。

もともとチビ姫は、人前で何かをするのが大の苦手で
この卒園式の練習が始まってからも
毎朝「イヤダ~、イヤダ~!」と言ってました。

私も先生も
『無理強いさせずに、言わなかったら言わなかったで・・・』
という気持ちでいました。

しかし、本番は・・・
しっかり歩き、堂々と証書をもらい、凛とした姿勢で私に
『お母さん、いつもお迎えしてくれてありがとう!
 これからは勉強がんばるよ』
・・・と。

まさかまさか、きちんと声を出して、しかも2つの事を言ってくれるとは
思いもしなかったので、私は号泣してしまいました。
私からの言葉は
『〇〇は、いつもニコニコ笑顔で、その笑顔はお母さんにパワーをくれるよ!
 これからもお母さんと一緒に、いっぱいいっぱい笑っていようね!』
でしたが、号泣したため、自分でも何を言ってるのかわからなくなりました(苦笑)

早生まれの末っ子。
いつまでもいつまでも、まだまだ幼いと思っていただけに
卒園時のチビ姫の雄姿には驚きました。


b0160545_13391332.jpg
b0160545_13395316.jpg








b0160545_1341545.jpg





とってもいい幼稚園に恵まれ、素敵な先生・素敵な友達に囲まれ、
3人の我が子、そして私自身も幸せな毎日を送ることができました。
この時間は、生涯忘れたくない時間です。
比治山幼稚園、ありがとう!!!
[PR]
# by chiki67 | 2010-03-18 13:47 | 暮らし

嬉しい言葉

b0160545_17461426.jpg



明日はチビ姫の卒園式。

姉姫→坊ちゃん→チビ姫と歩いて通った幼稚園。
私にとっても卒園です。

感傷は、明日の本番を迎えてから・・・ということで。

今日は普通登園最後の日。
ちょうどお迎えの頃に父ちゃんからメールが!

『幼稚園最後のお迎えを楽しんで♪
 長い間ごくろうさまでした(^-^)/』

・・・と。

滅多に・・いや、ほとんど!?(笑)こういうねぎらいのメールはしない
父ちゃんからの、思いもしないメールでした。

ドライ性格の私の心にとても響きました(涙)

父ちゃん、ありがとう!

仕事で行けない父ちゃんの分まで、
しっかり愛娘の姿を焼きつけてくるね♪
[PR]
# by chiki67 | 2010-03-16 17:47 | family